ウィル
シリーズ:サガフロ2
武器:棍棒
術:水、土
コマンダー:[サガフロ2][術属性水]の攻撃力・防御力・すばやさ・術適性がほんの少し上がる
タイプ:物理

基礎ステータス(最大値)
HP:402 (804)
LP:7
攻:40 (80)
防:33 (66)
す:34 (68)

奥義:テルツェット
威力:410 命中:78 SP:20(10)
アニマを練り上げて打ち込む
近接・単体・突 有翼系に特攻
3回に分けて攻撃
まれに攻撃力・術適性ダウン
見切り:マグマプロージョン

総合評価:★★★★★ ★★★★


■コメント
初期ウィルと比較をすると、武器は[剣]から[棍棒]に。
術は[火]が削除されてしまった

ステータス合計値は「107」と驚異的な数値になっているが、その反動でHPが大きく犠牲になっており、成長具合によっては750前後まで落ち込んでしまう可能性もある。

ステータスは抜群の攻撃力&棍棒のおかげで火力面は万全。
防御力も中々の数値が期待でき、分岐にも対応できるすばやさを持ち合わせている。

■術は水、土の2種
補助術は金剛力、ストーンスキン&元気の水で防アップ、水舞、金剛盾、各種状態異常回復。

■奥義
属性は[突属性]のみ。
棍棒[打属性]、奥義[突属性]の2種類の属性を使い分けることができる。
棍棒基準のため威力もやや高く、物理属性のため付与の恩恵を受けられる。

[有翼系に特攻]と[突属性]の相性も抜群で、大幅なダメージアップが期待できる。

3回に分けて攻撃&攻撃力・術適性ダウン
聖剣2ランディMS殿下に続く、攻撃の1回ずつにダウン判定が行われる凶悪な性能。

特に周回イベントのボス戦や、アビスバトルの攻術ダウン役として大活躍できる。
他のメンバーを純粋な火力役や補助役に専念できることは、PT編成の自由度や総ダメージの向上にも繋がる。

確定ダウン付きと比べると消費SPが1低く、この1の差が使い勝手も良くしている。

---

殿下と同じく非常に盛り込まれた性能。
特にウィルの武器は優秀な棍棒、単体火力はもちろん、かめごうらで防ダウン、全体はグランドスラムもあるため、攻撃面は更にこちらの方が仕事ができる。

「ろばの骨&精霊銀の鎧」を所持していれば状態異常耐性100も可能となり、回復役としても活躍できる。

ただ、[火]がなくなってしまったことが本当に残念。
原作的にも炎適正が高いキャラであり、主人公には3種属性ぐらい持たせてもいいと思うのだが。

■天帝ウィル(棍棒/原作衣装)の評価はこちら