聖王
シリーズ:ロマサガ3
武器:大剣
術:土、光
コマンダー:[聖王・十二将][剣][大剣][斧]の消費SPが2下がる
タイプ:物理

基礎ステータス(最大値)
HP:406 (812)
LP:7
攻:40 (80)
防:26 (52)
す:40 (80)

奥義:光輝・崩
威力:320 命中:76 SP:29(14)
光が質量を伴って降り注ぐ
遠隔・全体・打 アビス系に特攻
[ロマサガ3][光]にアビス特攻を付与
見切り:電撃

総合評価:★★★★★ ★★★★


■コメント
ステータスは抜群の攻撃力&すばやさ。
分岐攻略からボス戦のメイン火力まで任せられる素晴らしいステータス。

ただ、高ステータスの反動でHPがやや犠牲になっており、成長具合によっては760前後まで落ち込んでしまう可能性もある。

■術は土と光の2種
補助術は金剛力、ストーンスキン、金剛盾、ソードバリア、ムーンライトヒール。

■奥義
属性は[打属性]のみ。
大剣基準のため威力が非常に高く、カウンター持ちに影響を受けない。
物理属性で付与を受けられ、属性耐性持ちに軽減されずに攻撃できる。

▼今回聖王の奥義は新しい組み合わせや光るポイントも多い。

大剣基準の打属性全体奥義
意外にもまだ実装されていなかったため、打属性全体攻撃では最高峰のダメージが期待できる。

全体奥義&特攻付与
にせロビンなどの特攻付与は単体のため、全体奥義とは新しい組み合わせ。

特に今後開催される協力バトルやアビス級ランキングイベントにアビス系が採用された場合
自身が攻撃→続く対象キャラに付与が可能なため、大幅な火力アップが見込める。

[ロマサガ3][光]対象
今までの特攻付与は「武器対象」のため、[シリーズ]&[属性]も新しい組み合わせ。
武器3種と比べて編成の柔軟性はこちらのほうが高い。

■注意点
・消費SPの問題
全体奥義&特攻付与の組み合わせのため、消費SPも高くなっている。
長期戦に使う場合は、SP軽減コマンダーも視野に入れたい。

・[アビス系]
アビス系は通常の特攻とは違い、登場イベントが限定されがち。
ただ、今後のアビスバトルや協力バトルにも採用される可能性も高いため、対象のイベントでは強力な効果となっている。

■コマンダー:[聖王・十二将][剣][大剣][斧]の消費SPが2下がる
今までのシリーズ&属性とは打って変わり、武器3種と聖王一派が対象。
斬武器持ちは火力に秀でた強力なキャラも多く、SP軽減が必要な場面では非常に強力な効果。

しかし、斬武器の問題は「深刻な術士不足

術士がメインで所持している武器ではないため、実装数がかなり少ない。
最近は古代人ロックブーケアルドラが実装され多少のてこ入れはされたが
それでもまだまだ人数が少なく、今後の実装があまり期待できないところも厳しい点。

・2018/06/21 協力バトル実装後追記
協力バトルではトレハンと同じく相性ルール(三すくみ)が適応されるため、有利な武器でPTメンバーを固めると火力の大幅増加から非ダメージ軽減も狙える。

ボスが打属性(武器)の場合はこちらは斬武器所持者で固めれば恩恵が大きくなるため、シリーズや属性関係なしに斬キャラ全員のSP軽減が可能になる。

■天帝聖王(大剣)の評価はこちら