グスタフ
シリーズ:サガフロ2
武器:剣/大剣
術:火
コマンダー:[サガフロ2][術属性火]の消費SPが2下がる
タイプ:物理

基礎ステータス(最大値)
HP:406 (812)
LP:7
攻:41 (82)
防:32 (64)
す:33 (66)

奥義:フレイムクリーバー
威力:454 命中:76 SP:20(10)
炎を切り裂き敵に立ち向かう
近接・単体・斬 精霊系に特攻
熱属性の攻撃に割り込んで行動
7回に分けて攻撃
見切り:メテオスウォーム

総合評価:★★★★★ ★★★


■コメント
初期グスタフとは打って変わり、攻>防す型に変更されている。
火力面は変わらず非常に高く、大剣との相性も抜群。
DHに全体奥義持ちを入れて全体火力の補強をしたい。

■2種の武器持ち
剣[斬属性]と大剣[斬属性]の2種類の技を同時に技欄に入れて運用することができる。
[剣]&[大剣]どちらの武器からもDH可能なため、選択肢も広くなっている。

■術は火属性1種
補助術はファイアウェポン、ハードファイア、セルフバーニング。

・武器2種持ちながら初の「術持ち」キャラ
その反動でもステータスが犠牲になっておらず、キャラを構成する持ち点はトレハン帝より高くなっている。

おかげで補助にも回れる強みがあり、熱属性付与奥義も受けられる。
しかし、あくまで術属性1種のみのため、火属性PTを組める人でもないなら
術なしキャラとそこまでの差は生まれていない。

■奥義
属性は[斬属性]のみ。
物理属性で付与を受けられ、属性耐性持ちに軽減されずに攻撃できる。
[精霊系]と[斬属性]の相性は抜群で、大幅なダメージアップに繋がる。

▼高威力単体技
威力『454』と脅威の数値となっており、剣基準から「+64」と大幅な火力アップが見込める。
[斬]弱点の敵はもちろん、耐性なしの敵、[精霊系]種族のボスには間違いなく最高火力の単体攻撃

▼熱属性の攻撃に割り込んで行動
ついに術属性にまで手が伸びてきたインタラプト効果付き。

熱属性攻撃は使用しているキャラも多く、発動の確率もそれだけ高くなっている。
トレハンでは近接の威力補正が乗るため、改造して追撃に使うと凶悪な単体火力にもなり得る。

ただ、インタラプトの影響で「消費SP10」と他の高火力奥義と比べて燃費が悪くなっており、通常の使い勝手は落ちている。

■コマンダー:[サガフロ2][術属性火]の消費SPが2下がる
[サガフロ2]はサンタプルミに続くシリーズ。
サンタプルミを所持している人なら、コマンダーを交代するのもあり。

[火]も[サガフロ2]と同じく強力なキャラが揃っており、属性PTとしての人気も高い。
優秀な術士も多数いるため、SP軽減が必要な場面では非常に強力なコマンダー性能となっている。

■天帝グスタフ(剣/大剣)の評価はこちら