オトマン
シリーズ:ロマサガ3
武器:大剣/小剣
術:土
コマンダー:[大剣][小剣]の攻撃力・すばやさが少し上がる
タイプ:物理

基礎ステータス(最大値)
HP:402 (804)
LP:7
攻:42 (84)
防:30 (60)
す:35 (70)

奥義:銀擣の太刀
威力:421 命中:76 SP:22(11)
怒涛の如く重い太刀筋で攻撃
近接・単体・打 アビス系に特攻
3回に分けて攻撃
まれに防御力・装備品の防御性能ダウン
見切り:電撃

総合評価:★★★★★ ★★★☆


■コメント
ステータスは抜群の攻撃力で火力面は万全。
防御力も中々の数値が期待でき、分岐にも対応できるすばやさを持ち合わせている。

■DHシステム
全体奥義持ちを入れて全体火力の補強をしたい。
自身がDHに入り、打属性&3連デバフ奥義を活かすのもあり。

▼2種の武器持ち
大剣[斬属性]小剣[突属性]の2種類の技を同時に運用することができる。
[大剣]&[小剣]どちらの武器からもDH可能なため、選択肢も広くなっている。

また、どちらの武器系統からも特攻付与奥義を受けられる
現状ではにせロビンの奥義効果(突武器に竜特攻を付与)を大剣技&奥義で使うことが可能。

■術は土の1種のみ
補助術は金剛力、ストーンスキン、金剛盾。

前回実装されたグスタフと同じく、武器2種&術持ち。
その反動でHPが犠牲になっているが、キャラを構成する持ち点はトレハン帝より高くなっている。

「青の剣&精霊銀の鎧」を所持していれば状態異常耐性100も可能なため、火力&攻防アップ役としても光るものがある。

■奥義
属性は[打属性]のみ。
大剣[斬]、奥義[打]、小剣[突]の3属性をDHに頼らずに使い分けることができる。

大剣基準のため威力も非常に高い。
物理属性で付与を受けられ、属性耐性持ちに軽減されずに攻撃できる。

3回攻撃&防御力・装備品の防御性能ダウン
和装黄金の帝王原作ギュスターヴに続く、防&装ダウン効果。

防御力に加え装備品の防御性能ダウンも高確率で入れられるため、物理キャラ主力のPTでは非常に強力な効果となっている。

特に周回イベントのボスからアビスバトル、今後実装予定の「アビス級ランキングイベント(クリアターン勝負)」や「協力イベント(レイドバトル)」でも効果を発揮する可能性が高い。

ただ、攻&術ダウンと比べて消費SPが1高くなっており、使い勝手はやや悪くなっている。

上記の原作ギュスターヴとは非常に相性が良く、『大剣基準の斬&打属性3連デバフ』を使い分けることができる。
すばやさや属性耐性が必要な場面ではギュスターヴを前に、火力が必要な場面ではオトマンを前に出すことで、お互いの足りないステータスも補える。

■天帝オトマン(大剣/小剣)の評価はこちら